生産工学科

生産工学科

機械工学コース機械工学コース 情報制御コース情報制御コース 電気工学コース電気工学コース

 「ものづくり」の現場をリードするトータルな知識を持ったエキスパートを育成

「ものづくり」の現場をリードするトータルな知識を持ったエキスパートを育成

本学科では「機械工学コース」と「電気工学コース」に加え、「情報制御コース」を設置することにより、製品開発や設計だけでなく、生産そのものを支えるシステム制御なども含めて、ものづくりの現場をトータルでリードする幅広い知識・技術が身につく学びを提供しています。そのため、3コース共通の基礎科目においても生産加工や生産管理、コンピュータによる設計(CAD)や力学の基礎、プログラミングや情報概論などを開講。その他、教養科目の充実にも力を入れ、語学・教養を兼ね備えたバランス感覚溢れる技術者を世に送り出します。

生産工学科

最新システムを投入して、CAD・CAM技術を習得。最新システムを投入して、CAD・CAM技術を習得。

CADとはコンピュータを用いた設計のことをいい、CAMとはCADで作成した3Dデータをもとに製品を加工するシステムのことをいいます。生産工学科では、第一線で使用されている最新のシステムを使ってCAD・CAM技術を習得。
豊富な実習をはじめ、試験前の対策講座なども行いながら、資格取得をサポートしています。

国家資格取得を目標に高い電力技術をもつ人材を育成国家資格取得を目標に高い電力技術をもつ人材を育成

電子、電気はもちろん、電力分野に関する授業も充実しており、ここでは基礎となる「発変電工学」から「電力応用」に至るまで習得できます。さらに社会的にも評価が高く、就職時にも有利な「電気主任技術者」や「電気工事士」の国家資格取得を目標に設定し、企業からのニーズに応えられる人材の育成をすすめています。

コース紹介

コース紹介

機械工学コース

機械工学コース
さまざまな業種のものづくりの現場へ対応できる技術と発想をもった人材を育てます。

産業の発展とともに社会と深く関わってきたのが機械工学という分野です。現代では電気・電子・情報工学などと関連しながら、新しい領域での広がりを見せています。本コースでは専門領域の充実とともに、CAD/CAM技術を習得。さまざまな業種のものづくりの現場に対応していくことを目指しています。

3次元CAD

複雑な形状をよりわかりやすく表現するだけでなく、画面上でパーツを組み立てたり、可動部分を動かすこともできる3D CAD。本コースでも3D CADをいち早く取り入れ、ものづくり現場の最新技術に対応しています。

エンジン工学

そもそもエンジンとは動力を発生する機関の総称。授業ではエンジンの種類や構造、原理をはじめ、出力や燃費などの計算法などを学習。暮らしに欠かせないエンジンについて解明していきます。

情報制御コース

情報制御コース
情報技術においてハードとソフト両面で活躍できる情報系技術者を育てます。

情報技術の進歩は現在も社会に影響を与えつづけています。日々進歩しているこの分野に対応するために、本コースではプログラミングや計算機基礎などの情報工学分野とロボット制御や組み込み技術などの制御技術を学び、ハード・ソフト両面に対応できる実践的な情報系技術者を育てます。

プログラミング入門

ゲームやワープロ、Webサイトを見るためのブラウザなどはすべてプログラムで動いています。この授業では、プログラムはどのように作られてどうやってそれらが動いているかを勉強します。

ロボット制御工学

市販の代表的なPICマイコンであるPIC16F873を中心に、マイコンのアーキテクチャとそれを動かすためのアセンブリ言語を学びます。入出力回路の理解を深めつつ、ロボット・アーム等の外部機構の制御を習得。テストボード上での回路製作の実践に多くの時間をあてています。

電気工学コース

電気工学コース
強電から弱電まで幅広い領域で技術力を発揮できる人材を育てます。

電気自動車が走り出し、電力事情にも変革が訪れている現在、電気技術者のニーズは確実に高まっています。本コースでは基礎から応用、専門領域までをしっかりと身につけ、発電・送電などの強電から家電などの弱電まで幅広い領域で技術力を発揮できる人材を育てます。

映像音響実験室

エレキギター、ミキサー、イコライザーなどが完備され、実際のライブに近い音響技術に触れることが可能。電気の知識の応用に役立つ分野です。

電気電子工学実験

電気・電子工学の基礎となる諸原理に関する実験を通して、理解を深めると同時に、具体的測定方法を習得。必ずレポートの作成を行うなどして、問題解決力やプレゼンテーション能力も身につけます。

在学生の声

在校生の声

私はオープンキャンパスに足を運び、入学を決めました。決め手となったのは、先生との距離が近いこと。親身になって大学のことを話してくださり、入学意欲が高まっていきました。学科では、電気エネルギー発生のメカニズムや発変電工学、送配電工学など、電気系技術者として必要な知識を修得しています。専門的な学習なので、実社会の仕事に結び付けて考えやすいのが魅力です。また、現場経験が豊富な先生方が体験談を語ってくれるので、どの講義も新鮮で有意義。将来は通信系企業に進み、電気配線業務に携わりたいと思っています。

入学してすぐに電気試験受験クラブに入部。部活動では資格取得に向けた勉強だけでなく、配線やイルミネーション設営で高城祭を支えています。また、大学近くの瀬野川河川敷で開催されている「瀬野川イルミネーション」の設営も担当。大学で学んだことを生かせる場が多くあり、勉学にも身が入ります。広島国際学院大学の魅力は、在学中に取得できる資格が充実していること。将来の夢につながる資格取得を目標に、在学中にチャレンジしていきたいです。そして、社会のニーズにしっかりと応えられる技術者をめざしたいと思います。

カリキュラム

カリキュラム

カリキュラム