沿革

沿革

1927
  • 鶴虎太郎創設の広島高等予備校新設。
1930
  • 広島高等学院を広島高等予備校に併設を認可。
1938
  • 広島高等学院を廃止、広島電気学校新設認可。(’57年広島電機専門学校を廃止)
1945
  • 原爆被災、全施設を消失。
1946
  • 広島市内から安芸郡海田町東海田に移転。
1948
  • 広島電気学校高等科を広島電機専門学校として新設。
  • 学制改革により広島電気学校を広島電機高等学校に移行開校。
1951
  • 学校法人広島電機学園設置。
1960
  • 鼓浦女子商業専門学校を新設。(’64年鼓浦女子商業専門学校を廃止)
1964
  • 広島電機学園短期大学(自動車工業科)新設。
1965
  • 広島電機高等学校に普通科を設置。
1967
  • 広島電機大学工学部、電気工学科と電子工学科設置認可。
1968
  • 広島電機大学工学部に機械工学科増設認可。
  • 短期大学名「広島自動車工業短期大学」に名称変更。
1969
  • 広島電機大学工学部に教員養成課程が認可。(高等学校教諭1種免許、工業)
1971
  • 広島電機大学電気工学科に電気主任技術者(第1種)の認定。
1973
  • 広島電機大学電子工学科に電気主任技術者(第1種)の認定。
1980
  • 広島電機大学工学部に中学校教諭1種免許(技術)が認可。
1988
  • 広島自動車工業短期大学、安芸区上瀬野へ移転。
  • 広島電機大学、広島自動車工業短期大学共用のスポーツセンター設置。
1991
  • 法人名「広島電機大学」に名称変更。
1993
  • 広島電機大学電子工学科に電気通信主任技術者(第1種)の認定。
1994
  • 広島電機大学工学部に情報工学科設置。
1996
  • 広島電機大学大学院新設。工学研究科修士課程(物質工学・電気工学・電子工学・機械工学専攻)設置。
  • 広島電機大学電子工学科に無線従事者(第1級陸上及び第3級海上特殊無線技士)認定。
1998
  • 法人名「広島国際学院」に名称変更。
1999
  • 大学名「広島国際学院大学」、短期大学名「広島国際学院大学自動車短期大学部」に名称変更。「現代社会学部」新設認可。
  • 広島国際学院大学大学院工学研究科博士後期課程(材料工学・計測制御専攻)設置認可。
2000
  • 広島国際学院大学現代社会学部に教員養成課程が認可。(高等学校教諭1種免許、地理歴史・公民/中学校教諭1種免許、社会)
2001
  • 広島国際学院大学工学部情報工学科に教員養成課程が認可。(高等学校教諭1種免許、情報・数学)
2002
  • 広島国際学院大学工学部電子工学科から学科名をメディア情報通信学科に名称変更。
  • 広島国際学院大学大学院工学研究科修士課程(知能情報専攻)設置認可。
2003
  • 広島国際学院大学大学院現代社会学研究科博士前・後期課程(現代社会学専攻)設置。
  • 広島国際学院大学自動車短期大学部に専攻科(整備工学専攻)設置。
  • 広島市中区に立町キャンパスを設置。
2004
  • 広島国際学院大学に「情報学部」設置。
  • 「情報工学科」「情報デザイン学科」を新設。
  • 工学部に「電気電子工学科」「バイオ・リサイクル学科」を新設。
  • 情報工学科(高等学校教諭1種免許、情報・数学)、情報デザイン学科(高等学校教諭1種免許、情報)、電気電子工学科(高等学校教諭1種免許、工業/中学校教諭1種免許、技術)、バイオ・リサイクル学科(高等学校教諭1種免許、理科/中学校教諭1種免許、理科)の教員養成課程が認可。
2005
  • 広島国際学院大学大学院工学研究科修士課程の電気工学専攻と電子工学専攻を電気電子工学専攻に改組。
2007
  • 広島国際学院大学工学部に「総合工学科」を新設。情報学部を「情報デザイン学部」に名称変更。総合工学科(高等学校教諭1種免許、工業・理科/中学校教諭1種免許、技術・理科)、情報デザイン学科(高等学校教諭1種免許、数学)、大学院工学研究科物質工学専攻(高等学校教諭専修免許、理科/中学校教諭専修免許、理科)の教員養成課程が認可。
  • 学校法人広島国際学院 創立80周年。
2010
  • 現代社会学部のコース名を産業社会から産業システム、国際社会から国際コミュニケーション、福祉社会から福祉マネジメントにそれぞれ名称変更。
  • 現代社会学部を中野キャンパスに移転。
  • 立町キャンパスを袋町キャンパスとして移設。
2013
  • 工学部は食農バイオ・リサイクル学科と生産工学科に。情報文化学部は情報デザイン学科と現代社会学科の2学部4学科制に改組。